パソコン(MOS)資格について

 ⇒現在募集中の講習会はこちら

 ⇒エクセルコースの詳細

 ⇒ワードコースの詳細

1.エクセル・ワードの資格(MOS)資格について

Microsoft Office Specialistの略で、「パソコンの資格を持っている方」といった場合、この資格を持っている方をさすことも多い、非常に一般的で就職時にも有効な資格です。
国家資格ではありませんが、世界資格ですので海外でも通用するという特徴があります。

2.対象者

宮城県内にお住いの母子家庭の母父、または寡婦の方で、今までパソコンを使ったことがない方から中級の方までが対象です。
エクセル・ワードやタイピングの経験がなくても問題なく受講することができます。
ただし、公共の職業訓練ですので全日参加できることが見込める方で、真摯に学ぶ姿勢をお持ちの方が対象になります。

3.資格取得のスケジュール

全14回、日曜コースは毎週日曜日の朝9時から17時まで、平日コースは毎週水曜日と金曜日の朝9時から17時までで受講していただきます。
授業はクラスに一人一台のパソコンを並べ、講師の説明を聞きながら実際に操作を行う方式をとります。
また、最終日には資格取得のための試験を受験していただきます。

大まかに言って、以下のようなスケジュールとなります。

※平日コースについては週2回、水・金実施のため講習期間が短くなります。

4.その他

資格取得と同時に、タイピングのスキルも身に着けるためエクセル、ワード両コースとも授業前の15分程度タイピングの練習を行います。

(参考)MOS試験の種類について

科目
MOS資格はソフトごとに分かれており、「エクセル」「ワード」「パワーポイント」「アクセス」「アウトルック」の5科目があります。
クラス
「エクセル」と「ワード」のみ初級「スペシャリストクラス」と上級「エキスパートクラス」の試験に分かれています。
バージョン(年式)
MOS試験はエクセルやワードのバージョンによって内容が異なります。バージョンは2010、2013、2016などがあり、これから受験する方は2010、2013、2016のどれかで受験することになります。
資格名
試験の名称は前述の「エクセル」「ワード」など、ソフト名と「2010」「2013」などのバージョン名を組み合わせてつけられます。
現在当施設で行っているのは「エクセル2013スペシャリスト」と、「ワード2013スペシャリスト」です。